在宅活動

みどり薬局は、積極的に在宅医療に参画しています。

みどり薬局では、薬剤師が患者様のご自宅や高齢者施設を訪問して、薬剤の管理や服薬の支援をおこなっております。
薬剤師が訪問することで、患者様とお薬について関与することにより、誤薬や副作用の早期発見などのリスクマネージメントが可能となります。
「お薬カレンダー」「配薬ボックス」を使って薬剤を管理、飲み忘れや誤飲を防ぎます。
服用方法に合わせて、処方薬の変更やカラー印字を施した一包化などを提案しております。
他院の処方せん薬をはじめ、一般用薬品やサプリメント等の飲み合わせチェック、副作用の確認を行います。

クリーンルームを設置し無菌調剤を行っています

薬剤師による在宅訪問において、薬局での無菌調剤による注射薬調剤の必要になる事があります。
急速な高齢化社会により、病院での治療環境から、在宅で治療を続ける「在宅医療」へと移行してきていますが、患者様のご自宅での療養では、栄養補給のためのHPN(在宅中心静脈栄養法)や疼痛緩和に用いられる医療用オピオイド等の提供が必要となるケースも少なくなくありません。

無菌調剤とは、一定の無菌環境下で、自宅で療養されている患者様が使用される高カロリー輸液や医療用オピオイド注射薬などの調剤を行うものです。

服薬管理の工夫

在宅の患者様は認知症であったり、独居の患者様や高齢夫婦だけで住んでいる老々介護の患者様であったり、服薬管理が困難なケースが多いのが特徴です。

そのような患者様がきちんと服薬できるようにするために様々な工夫が必要です。

一包化して個別に印字するだけでなく用法ごとに色分けをする

各種服薬ボックスを患者様の状況に応じて使い分ける

日付入りの薬を「おくすりカレンダー」にセットしてマグネットで留める

等、個々患者様の状況に合わせて管理しております。

iPadを利用した在宅活動

薬剤師の大切な業務として薬歴により処方内容、患者様の体調変化等を記録する事が重要ですが、訪問活動ではこれに加えて、医療機関や介護職に提出するための報告書および記録簿を作成する義務があります。

訪問時には食事内容や睡眠、排泄などのADL〈日常生活動作〉や服薬状況、管理状況から残薬の確認など記録するためにiPadを使用します。

iPadで訪問先での記録業務の多くを完了する事ができます。

求人募集

みどり薬局では新卒の方、経験者の方を募集しております。
多くの方々の応募をお待ちしております。

応募はこちら