薬局設備

みどり薬局では、多くの患者様に対し、
より丁寧に調剤するために最新機器を導入するよう努めております。

錠剤監査支援システム

全自動分包機より調整された一包化調剤は服用時に便利な反面、調剤業務においては、全包装薬を確認するためにヒューマンエラーが起こりやすく、時間がかかることが問題です。
また最終監査を行う薬剤師には高い技術と習熟度も必要となります。
これらの問題を軽減するのが錠剤監査支援システムです。

全自動錠剤分包機

お薬の飲み間違いを防ぐために一回に服用する量ごとに錠剤、カプセル剤を自動的に調整し、分包紙ごとに患者氏名、服用時間、薬品名などの情報を自動的に印字する等、患者様の要望に沿えるよう多数の機器を設置しております。
特に手が不自由な患者さんで、PTPシートからお薬を取り出すことが難しい人にとって簡単にお薬を服用することができます。
また看護師さんやご家族が、一回の服用量を簡単に理解し、お薬の管理を容易にすることができます。

パラスター

作業効率向上のため錠剤徐包機を導入しております。
パラスターは、薬剤の破損・ヒート屑の混入を極力少なくする、安心で確実な独自の錠剤分離機構を採用し、除包できる薬剤の種類も大幅にアップしたPTP除包機です。

水剤定量分注機

正確な水剤計量を短時間にそしてより衛生的に行うことができます。
調剤の流れもスムーズになり投薬に重点を置くことができます。又、記録紙を発行することで監査も正確に行うことができます。

軟膏混合機

外用剤は本来混合すべきではありませんが、患者様によっては良好なコンプライアンスのため混合が避けられない場合があります。
そこで可能な限り、適正な使用(効果)が保たれるよう、混合することが重要になります。
軟膏混合機は、ヘラを用いて手で混ぜるよりも気泡が取り除かれ、薬剤が酸化しにくく、滑らかで光沢のある品質の良い軟膏の調剤ができます。

散剤監査システム

散剤の調剤は錠剤などに比べ、一度混合・分包をした後では、その内容をチェックすることが困難です。
散剤監査システムにより、調剤した散剤の種類や量などを記録する事で正確な調剤、監査を行っています。

全自動散剤分包機

秤量した散剤をホッパーに入れ、分割包数を入力すれば自動的に分割包装が行われます。
分包紙には、患者様の氏名や薬の名前、用法などが印字できます。
散剤用の分包機ですが、上部に錠剤ホールがあり錠剤やカプセルも分包できるようになっているので、散剤と錠剤・カプセル剤を混合して一包化するのにも適しています。

電子薬歴による情報管理

患者様の過去のお薬のデータや、副作用情報、併用薬の有無など、お薬に関する大切な情報は、一人ひとりの「薬歴簿」で管理しています。
最新システムにより電子化されており、紙媒体のデータや画像データ等もスキャナーで取り込んで保存されるため、必要時には情報を迅速に取り出すことができ、適正な処方のチェックや服薬指導に役立てています。

iPad版電子薬歴

携帯性と機動性に優れたiPadを導入しております。 電子的に薬歴を持ち出し、 薬歴の参照閲覧・入力、訪問計画書・報告書の参照閲覧・作成等を行い業務の効率化をはかっております。